ごあいさつ

 

 

 藤沢市湘南台文化センターは、こども館、市民シアター、市民センター・公民館などがある複合施設として平成元年に開館しました。この施設は、小田急線、相鉄線、横浜市営地下鉄の3線が乗り入れている湘南台駅から徒歩5分以内の場所にあり、アクセスが大変便利なため、毎年多くの方に利用されています。また、こども館は地球儀(写真中央)、市民シアターは宇宙儀(地球儀の奥)という宇宙をイメージした2つのドームが特徴的な建物であるため、遠足に来た子ども達には喜ばれており、テレビドラマの撮影等にもよく使われています。
 こども館のプラネタリウムは、平成21年度に全面改修を行い、1千万個の星を投影できる最新の設備に変わりました。直径20mのドームは、神奈川県では2番目の大きさであり、160席のゆったりしたリクライニングシートで、星の世界を堪能できることと思います。
 地下にある展示ホールは、「おもちゃ箱をひっくり返したような」スペースとして構想され、主に「民族」と「科学」をテーマとした展示品は、ほとんどが直接さわって体験できるものです。世界の民族衣装、世界の楽器、世界のおもちゃなどの民族系展示をはじめ、人体のしくみ、物の見え方、様々な音の違いなどをゲーム感覚で楽しく遊びながら学べる科学展示も人気です。
 プラネタリウムのドームでは、開館時間中の星の投影のほかに、土曜日の夜間投影、星空の下でのコンサート、落語、演劇など様々な取り組みを行い、多くの方に喜んでもらえる施設になるよう努めておりますが、何よりも子ども達の宇宙や未来への夢を育て、創造力豊かな青少年を育成することが第一の使命であると考えています。
 皆様のお越しを職員一同心からお待ちしております。

 

湘南台文化センター センター長